参加ガイド

フジロックのクロークの場所はどこ?荷物の出し入れができる時間も紹介

フジロックは雨対策の装備や折り畳みチェア等、荷物が多くなりがちですよね。

もっと身軽に楽しみたいと思っている方も少なくないはず。

荷物は預けられる場所はある?

何時から何時まで利用できるんだろう?

そんなお悩みに10回以上フジロックに参加してきた管理人が答えます!

荷物を預けて身軽にフジロックを楽しみましょう!

スポンサーリンク

フジロックは荷物が多くなる

サマーソニックのような都市型のフェスと違い、フジロックは自然豊かな山の中で開催されています。

山の天気は変わりやすく、雨がふることが多いことから雨具を持ち歩いたり、休憩スペースがないためイスを持ち歩いたりと、なにかと荷物が多くなります。

そのためバッグに荷物をつめて持ち歩くことになりますが、お目当てのアーティストは手ぶらで最前列で楽しみたい!といった方もいるかと思います。

そんな時は荷物を預けて身軽になって楽しんじゃいましょう!

フジロックのクロークの場所はここ!

場外の飲食ブースがあるところの裏手、トイレの横のほうに手荷物預かり所があります。

2015~2019年は同じ場所にありましたが、変更になる可能性も否定はできないので詳しい場所は会場で配られているZカード(マップ)で確認してみてくださいね。

荷物の出し入れができる時間と利用方法

手荷物預かり所の営業時間は例年金曜日の7時から月曜日の12時までで、期間中ずっとやっています。

前夜祭の日は利用できません。

料金は1000円(1袋/1日,朝6時〜翌朝6時まで)

朝6:00までに引き取りがない場合は追加料金1000円が発生します。

荷物の出し入れは自由です。

複写式の預かり証に必要事項を記入して利用します。

過去の参考情報ですので変更の可能性もあります。
最新情報は公式HPまたは当日会場でご確認ください。

時間帯によっては混雑していることもりますので、時間に余裕をもって利用しましょう。

民間のクローク

苗場にある「金六イレブン」というお店でもクロークのサービスを行っているとの情報がありますが、会場からかなり歩いた場所にあるためあまりおすすめできません。

公式の手荷物預かり所のデメリットも特にありませんし、こちらのほうが確実で利便性が高いでしょう。

スポンサーリンク

フジロック会場にはコインロッカーもある

場外ショップエリアにあるコンビニ「Nプラトー」の奥にコインロッカーがあります。

利用可能時間は24時間、前夜祭の日でも使うことができます。

料金は500円(1個)

ただし数に限りがあるので、空いていればラッキーくらいに考えていた方がいいかもしれません。

【まとめ】荷物を預けて身軽に楽しもう!

フジロックで荷物を預けられる場所は

  • 場外手荷物預かり所
  • 場外コインロッカー

となります。

荷物が重いと体力的にも負担がかかりますし、上手に利用して身軽にフジロックを楽しみましょう。

スポンサーリンク